読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ読みました。

読んだ本の記録 その他雑記もあり

『フロム・ダスク・ティル・ドーン』観ました。

映画

cinema
cinema / Do u remember

 バイオレンス・フィルムかと思いきや、違いました。

違いました は若干語弊がありますが。

 

フロム・ダスク・ティル・ドーン [Blu-ray]

フロム・ダスク・ティル・ドーン [Blu-ray]

 

 ホラーもの と言っていいと思います。なぜなら、吸血鬼が登場するからです。とはいっても、話の最初から登場するのではなく、ほぼ後半からです。強盗殺人の悪さを働いたゲッコー兄弟は警察の追っ手を逃れるために、メキシコへの逃亡を図ります。逃亡の道中立ち寄ったモーテルで偶然出くわしたフラー一家を逃亡のお供にします。お供と言っても、フラー一家は脅されて仕方なく逃亡を幇助することになります。

 

そして、、、

メキシコに到着し、現地のビジネスパートナーと落ち合うために、先方が指定してきたナイトクラブにいたのが、人間に化けた吸血鬼たち。そして、夜が明けるまでの戦いが始まるのです。

 

タイトル「フロム・ダスク・ティル・ドーン」は"From dusk till dawn"」で「夕暮れから夜明けまで」という意味。

 

ゲッコー兄弟

兄→ジョージ・クルーニー

弟→クエンティン・タランティーノ

フラー一家

父→ハーベイ・カイテル

娘→ジュリエット・ルイス

 

という顔ぶれ。結構豪華です。

でも、吸血鬼との戦闘シーン、なんかB級ホラーみたいでした。。。